映画『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』

もう何度も見た、『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 』。
今回、3Dになるということで、同じ内容と分かってはいたものの、新宿バルト9まで観に行ってしまいました!

やはりスクリーンで見ると迫力が違う!
しかもOPの3D、メッチャカッコ良かった!
攻殻ファンを唸らせるOPでした!みんな口々に聞こえてきたのはOPヤバイ!
しかも新宿バルト9は満員でした!

『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』の予告動画

『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』の予告動画

最初の方は若干少佐こと、草薙素子が出てこないので、
若干物足りなさというか、存在感ある人物がいなかったので、物足りないのですが、
素子が出てくると、バトーが元気でて、タチコマも出てきて、一気にストーリーが進みます。

公安九課をでかくした荒巻課長の名台詞「1つの事件を10の力で解決するよりも、3つの事件を8割の力で解決できる組織を作る事の方が、我々の望む理念をこれから先も継続していけるとは考えられんか?」は、じ~んときます。
これは、企業の上の立場の人間が心得ておきたい事ですね。
普段は8割で、いざとなった時の為に残り2割の力を温存しておくってことですよね。

だって、常に100%の力だと疲れてしまうものw
しみじみと考えさせられるセリフですw

やっぱりタチコマはかわいいです。
タチコマどうやって復活させたのか、未だに謎なのですが、少佐はやるかw

トコトコタチコマ買うべきか悩んでますw

もう何度も見たけれど、
やはり早く続編やらないかなと期待して待っている訳ですw

次はどんな公安九課が見れるのか。
また、三角関係は続行しているのか・・・
気になってしょうがないですw

気になったのは、今の日本がこの攻殻機動隊の状態に近づきつつあるということでしょうか。
日本のほぼ半分は壊滅状態。→六ヶ所村のプルトニウムが一時期危なかったのと、福島原発で放射能汚染
首都福岡に移転。→東京が放射能汚染されたら、恐らく首都機能は他県に移すだろうと思われる。
放射能で経済に大打撃→放射能浄化技術を勧めて金にし、経済復活させる大きなカギになるであろう。

嫌な部分だけ似てきているなぁ~と。
電脳化とか、義体化はまだ先だな~と。
タチコマみたいなゴーストがいるAIもまだまだだしね。

でも、この先もっともっと近づきつつあるのだろうか。

サイトーさんのセリフ「便利どころか制御しづらいだけの不自由な代物だ。」は、原発に言えるわねw
安全と言っといて、いざとなった時、安全どころか制御すらできない原発のどこが安全なものなのか。
高い金で設置して、管理コストもバカならない。(福島原発廃炉に30年、1兆円と言われてる。
コストに見合うだけの、エネルギーを生み出しているかと言ったら、全体の2割しか占めていない。
設置の割には高リスク過ぎる代物、それが原発。

やっぱり人間は手を出しちゃいけないものに手を出しちゃうとこうなってしまうんだね…。
手に負えないものを利用しちゃいけないんだよ。。。

攻殻機動隊は、色々考えさせられる名台詞が多いなぁ~と実感します。
是非映画だけでなく、TV版も見てみて、今の時代と見比べてみてください。
日本の近い将来を垣間見る事が出来て、色々考えさせられます。

Sponsored Link

コメントを残す